010-6553 2288-2345/6/7
ホーム > 医療チーム > 医師チーム

医師チーム

陸召麟

 院長、内分泌科主任医師・教授

1963年上海第一医学院(現復旦大学上海医学院)を卒業後、北京協和医院の内科と内分泌科で50年近く診療に従事し、豊富な臨床経験を持っている。内分泌学の診療、教学、研究のいずれにおいても優れた成果をあげ、糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、甲状腺疾患、副腎疾患と下垂体疾患の診断・治療に大変造詣が深い。北京協和医院院長、中国協和医科大学副学長を経て、1999年に当院副院長、2008年に院長に就任した。中国中央保健専門家グループメンバー、中国衛生部最高等級職位審査グループメンバーであり、中国国家また中国衛生部の科技進歩賞の一等賞受賞経験や、中国国家人事部から「際立った貢献を果たした中青年科学家」という称号を授与された経験を持ち、中国国務院特別専門家手当を受給している。対応言語:中国語(北京語)、英語 

陳光

 副院長、医長、全科医師、外科副主任医師

1985年首都医科大学医学部を卒業後、北京朝陽医院外科で診療業務に従事し、1991年に外科主治医師資格、1996年に副主任医師資格、2006年に全科医資格を順次取得、2004年から当院の医師となった。確実な基礎理論、全面的な専門知識、豊富な臨床経験を持ち、30年間余で100ヶ国以上の国内外の患者に診察を行い、各種類の手術を千回以上実施。外科、全科疾病の診断と治療を得意とする。特に乳腺、甲状腺、大腸肛門疾患に理解が深く、優れた技術を備えている。対応言語:中国語(北京語)、英語 

高鵬

 全科主任

1994年中国医科大学臨床医学部を卒業、1994年から2003年まで北京市の三甲医院(中国における最高等級の病院)救急科に9年勤務し、急性心筋梗塞、消化管出血、薬物中毒・食中毒などの重症患者を数多く応急処置・治療し、豊富な臨床経験を積んできた。2004年から全科医として北京市のインターナショナル医療機構に勤め、流暢な英語で世界各国からの千人以上の患者に良質な診療を行い、幅広い層の患者から好評を得ている。上気道感染、胃腸炎、高血圧、糖尿病、心臓病、喘息、痛風などの内科・全科の一般慢性疾患の予防と診療を得意とする。家庭での健康管理、一般保健知識の教育と普及、専門的な応急救護のトレーニングなどにも豊富な経験を持っている。対応言語:中国語(北京語)、英語 

李金

 神経内科主任医師・教授

1965年北京医科大学を卒業。1972年から北京病院神経内科で脳神経内科疾患の予防・診療・研究教育に長年携わり、50年余の豊富な臨床経験を持っている。高齢者に多い神経科疾患(例えば、脳血管疾患、癲癇、パーキンソン病、末梢神経障害、不眠、不安障害など)の診断と治療を得意とする。中国国家レベルの医学刊行物で多くの研究論文を発表、高級訪問学者としてアメリカを複数回訪問し研究交流を行った。対応言語:中国語(北京語)、英語 

曽潔

 全科医師 医学博士

1983年北京医学院を卒業、2003年三重大学(日本)医学博士号を取得。現在は中華医学会(中国)、日本女性心身医学会などに所属。北京市内の三甲医院またインターナショナル医療機構で内科及び全科医師として30年余勤務し、豊富な臨床診察経験を持っている。各種内科疾患の診療、家庭での健康管理などを得意とする。特に、神経内科疾患の診療に一家言をもつ。対応言語:中国語(北京語)、日本語