ホーム > 医療チーム > 医師チーム

许锋 心脈管内科主任医師(特別招請)、元北京病院副院長


1982年に広州中山医科大学医学部を卒業しました。卒業後、北京病院で心脈管内科に従事している、40年の臨床経験を持っている。心脈管疾患の治療、教育、研究及び心臓の急ぎな重症と複雑な病例の診療で特に際立っている。

得意分野 冠動脈ステント及び末梢血管ステントなどの介入治療(例えば、経皮的冠インターベンジョン)、心臓重症の救急、急性心筋梗塞、心不全、心原性ショック、致死性不整脈、高血圧、脂質異常症、冠動脈疾患の予防と治療、高齢者心臓保健など。  

許锋医師は北京病院副院長、元大内科主任、救急科主任を歴任した。カリフォルニア州ロマリンダ大学医学センタ-及びシンガポ-ル国家心臓センタ-で研修しました。そして、実用老年医学の小百科、糖尿病の実用的な診療マニュアル、心臓急病、心臓血管の病気の鑑別診断、医学論文10編以上を発表しました。リポ蛋白(a)生理的変異とそのストレスの変化と冠脈石灰と冠状動脈性心疾患の関係2つの研究テーマを主宰しました。