ホーム > 医療チーム > 医師チーム

陳光 副院長、外科副主任医師

1985年首都医科大学医学部を卒業後、北京朝陽医院外科で診療業務に従事し、1991年に外科主治医師資格、1996年に副主任医師資格、2006年に全科医資格を順次取得、2004年から当院の医師となった。

確実な基礎理論、全面的な専門知識、豊富な臨床経験を持ち、30年間余で100ヶ国以上の国内外の患者に診察を行い、各種類の手術を千回以上実施。外科、全科疾病の診断と治療を得意とする。特に乳腺、甲状腺、大腸肛門疾患に理解が深く、優れた技術を備えている。

対応言語:中国語(北京語)、英語