ホーム > 医療チーム > 医師チーム

王国玮 中医科主任医師(特別招請)、元北京中医医院副院長


王国玮医師は漢方医の家系に生まれ、父の王鴻士教授(全国の漢方医、難病、肝臓病の専門家)に師事して漢方医を学びました。1987年に北京中医薬大学を卒業し、北京中医医院小児科で長年臨床に従事しました。1996年に北京中医病院の肝臓科の主任になって、主に肝臓病の臨床治療と研究に従事します;2000年北京中医病院外来診療部主任に就任し、2007年から2020年まで北京中医医院副院長を務めました。

長年の臨床診療を通じて、小児の常見病、多発病の治療に豊富な臨床経験を蓄積し、特に小児発熱、気管支炎、ぜんそく、拒食症、消化不良などの治療に顕著な効果があります。1996年に北京中医病院の肝臓科の主任に転勤して、王氏の肝臓治療の経験を研究します。慢性b型肝炎、肝硬変、脂肪肝、アルコール性肝臓病の治療で豊富な経験を積み、中国医学の特色を発揮し、現代医学と組み合わせて各種類の肝臓病を治療する道を模索してきました。

 

30年の臨床実践の中で、前後して『中医雑志』、『中医薬学報』、『北京中医』などの国内の有名な専門刊行物で小児科、内科の専門論文を発表しました:疎肝健脾湯治療慢性b型肝炎287例臨床観察、王鴻士主な学術思想初探、気分薬肝炎治療中の使用、王鴻士肝硬変腹水治療経験など30余編、同時に編集した『腎臓病診療』、『王鴻士肝臓病臨証精華』、『王鴻士臨証経験実録』。現在、北京中医薬「薪火伝承3+3工程」中医名家王鴻士研究室の主要責任者を務めている。

今兼任中華医薬学会の「亜健康」分会副主任委員、「世界のチャイナ」亜健康専門委員会副会長、中華医薬学会肝臓病分会委員、医薬学会常務理事兼事務副総長、北京中西医结合学会理事、北京医薬学会师承実務委員会主任委員、北京医薬学会の肝臓疾患専門委員会指導委員会専門家、北京中西医结合学会の消化専門委員、北京中西医结合学会老年専門委員会専門家、中華中医薬学会首席健康科学普及専門家、北京健康科学普及専門家などの職。